21世紀の新しい農業を実践し、社会に貢献する

EZ水耕(露地水耕システム)

世界一簡単で、世界一安い水耕栽培設備を「EZ水耕」で体験

水田で極めて容易かつ低コストで水耕栽培を行うことができる
弊社独自の新技術(PCT国際特許出願済)を応用した
「水田型EZ水耕」

●そもそも、水耕栽培とは?

水耕栽培とは、土を使わない(土壌環境に左右されない)栽培方法です。
・土壌に比べて環境要因が少ないため栽培しやすい
・土壌に比べて環境要因が少ないため技術習得がしやすい
・土を使わないため重機が不要で、軽作業中心
・雑草が生えない
・土づくりが必要ない
・連作障害がないため同じ作物を輪作なしで連続して生産できる
・栄養環境がいいので生育が早い
・年に何度も収穫できる
・生産効率が良く、面積当たりの生産量が大きい
など、さまざまなメリットがあります。

●水耕栽培の問題

前述した数多くのメリットの一方で、水耕栽培には導入費用が極めて高額で、採算性に乏しいという致命的な問題があります。
太陽光を利用した水耕栽培設備は5000万円、植物工場に至っては数億円もの初期投資を要します。
農家が農業を支えていることに疑いの余地はありませんが、このように莫大な投資を農家が行うのは非現実的です。
しかし、水耕栽培はTPPにも立ち向かえるだけの潜在能力を秘めていることに違いはありません。
そこで、セプトアグリでは我が国の農業が抱える問題の解決策を生み出すために、水耕栽培の欠点である採算性、初期費用の高さの解決に取り組んできました。
技術開発者の6年以上にわたる執念の末に、採算性に優れた水耕栽培「EZ水耕」をついに開発しました。

EZ水耕とは

水田2

EZ水耕の特徴

■ EZ水耕導入のメリット■

とにかく安い:超低コスト化の工夫で設備導入コストが従来の1/10以下
・水田1反で水田型EZ水耕を導入する場合、330万円(税別)にて導入可
・水田2反で水田型EZ水耕を活用して新規就農を行う場合、付帯設備(車両・作業用パイプハウス)や井戸掘削を含めて800万円
・生産に必要な最小構成の徹底追及と試行錯誤の末に導入コストの激減を達成
・従来の水耕栽培設備は1反(300坪=1,000平米)あたり4,000万円~5,000万円
・露地土耕栽培で生計を立てるために必要な規模で新規就農する場合、土地整備や重機、農機具、付帯設備などをそろえるために約2,000万円
・水田型EZ水耕はハウスを使わない 液肥調整システムが不要です。水耕ベッド、ベンチ、プールも不要です。
これらの工夫により劇的なコストダウンを実現します。

高収益、高効率
水田型EZ水耕により水田1反で1株100gの小株リーフレタスを生産する場合
年4回の栽培・歩留まり75%で75,000株生産可能
1株80円で販売した場合 年600万円の売上(=露地土耕レタス12~14反相当)
1反あたりの利益は217万円(時給850円で雇用した場合)
2反以上の導入時には約2年で投資回収が可能です。

栽培技術の習得が極めて容易
・水田型EZ水耕は液肥を使わないことによって従来の水耕栽培技術を大幅に容易化
・EZ水耕は、土を使わないだけでなく液肥も使いません。
極限まで技術と工程を簡素化し栽培技術の習得を極めて容易に
農業完全未経験で入社したセプトアグリの新入社員は、簡単な指導のもとEZ水耕によって入社直後にリーフレタスの生産を開始し、栽培開始から2ヶ月経たずに初回栽培から収穫・販売することに成功しています。
・栽培が簡単なEZ水耕は、新規就農者や異業種参入のみならず既存生産者の転作にも最適
・土耕栽培は土の管理、水やり、肥培管理に膨大な工程と経験を要します。
→栽培技術の習得に長期間を要します。
・従来の水耕栽培は土の管理が不要となるため土耕栽培に比べると早期に栽培技術を習得できます。
しかし液肥の扱いに専門技術や経験が求められ 栽培を難しくする要因となっていました。
一方、EZ水耕には液肥がありません。

作業が軽微で重機も不要、労働効率が高い
・EZ水耕は土を扱わないため 生産工程において最も大きな身体負荷に。
「重量物を運ぶ作業」「力仕事」がなく重機も不要
土の管理や水やりだけでなく肥料の管理も不要で雑草も生えません。
・定植後から収穫まで ほとんどなにもしなくてよい
作業工程の内訳の大半は定植・収穫・包装出荷が占める

・その他の工程はほとんどない このため労働効率が大きく向上します
1反あたりの年間労働時間は1,932時間(自動包装機を導入すれば1,532時間)

設置、撤去が簡単
・水田型EZ水耕は1反分の導入・撤去ともに1日で完了
・管理者のいなくなった栽培ハウスがコンクリートや鉄材を残して放棄される心配なし
未来の環境や景観にも配慮します

セプトアグリはEZ水耕で日本の葉菜生産に革命を起こし、強い農業を確立します

・EZ水耕を導入することにより、狭い面積でも大量の葉菜が生産可能となります。
・栽培技術を短期で習得できます。
・EZ水耕の普及によって、新規就農者の増加や大規模化、効率化、地方活性化、そして水田の有効活用が促進されることが期待されます。
・EZ水耕の普及を通じて、今後10年以内に起こるであろう高齢生産者の一斉大量離農による水田の放棄荒廃を食い止め助成金に頼らずとも利益が出せる強くて儲かる農業を確立することで我が国の農業復興に取り組んでいきます。

詳細はこちらの資料をご覧ください。

【EZ水耕の導入に関するお問合せ】

お問合わせフォームからお問合せ下さい。

【業務提携・共同研究開発のご提案】

製造業や研究者の方々にお願いとご提案です。
世界を変える野菜生産技術の共同開発にご協力いただけませんでしょうか。
セプトアグリでは現在、肥料メーカー、スチロールパネルメーカー、プラスチックメーカー、機械メーカー、農機メーカー、並びにEZ水耕に興味関心があり、共同研究が可能な農学系・機械系・環境系の研究機関や研究室を募集しています。
お問い合わせフォームへのご連絡お待ちしております。

お気軽にお問い合わせください TEL 045-642-5572 平日 9:00〜18:00

PAGETOP
Copyright © 株式会社セプトアグリ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.