プレスリリース

液肥を使わない水耕栽培技術「EZ水耕」水田でのレタスの試験生産を開始

2016年10月5日

液肥を使わない水耕栽培技術「EZ水耕」水田でのレタスの試験生産を開始

 

セプトアグリはこのたび、液肥を使わない独自の水耕栽培技術(特許出願済)「EZ水耕」を活用した生産者向けの新たな栽培技術として、水田でのリーフレタス生産を試験的に開始します。

「水田用EZ水耕」では、我が国に膨大に存在する水田のインフラを活用することで世界一導入が容易かつ廉価な、野菜の量産技術の確立を目指します。
現在は水田1反(300坪)あたりの平均生産額は10万円にも満たない状況ですが、水田用EZ水耕を導入して葉菜を生産することで、水田1反あたりの年間作物生産額を300万円以上に高められる見込みです。

水田用EZ水耕は2020年の春に一般リリースを予定しております。

提供価格は1反あたり300万円~(標準設置費込・標準造成費込・税別)を目指しており、日本一低コストな水耕栽培システムとなる見通しです。

以上


本件に関するお問い合わせ

株式会社セプトアグリ
電話:043-308-8995
E-mail:info@sept-agri.co.jp

icon_1r_24PDF版はこちら