2018年12月14日

【DOCOMO Open House 2018 出展レポート】

イメージ

2018年12月6日7日に東京ビッグサイト (お台場)にて開催されました「DOCOMO OPEN HOUSE 2018」に出展いたしました。

「DOCOMO Open House 2018」は、例年開催していた「R&D Open House」の名称を変更し、規模を拡大して開催された、同社が持つ最新技術を紹介するイベントになります。

東京ビッグサイトの7ホールと8ホールの2会場を使い、200を超える展示が行われました。

当社EZ水耕技術はドローンによるセンシング技術との協創によるご紹介となりました。

展示内容は以下の通り

次世代型農業の新興に向けたドコモの取組
~次世代型水耕×ドコモの新しい農業ICT~

生産現場での人手不足を解決する次世代農業との協創
・次世代型水耕
液肥が不要な次世代型水耕栽培、誰でも簡単に栽培用パネルを浮かべ、定植するだけで野菜生産が可能な農法
・ドコモの新しい農業ICT
次世代型農法に適合した新しいICTによる圃場の見える化と、収集したデータの営農支援への有効活用

利用シーン
・新規就農者等の早期経営確立と着実な定着
・休耕田、遊休地、耕作放棄地の有効活用
・大規模・集約型の新しい営農

上記内容でご紹介いただき、ドコモ開発中の最先端センシング技術と一緒にお披露目となりました。

出展ブースでは音楽に合わせ映像を発信する球体ドローンを飛ばし、多くの方にご来場いただきました。

各大手企業様、メディア取材関係者様の取材を受けるなど、会場は多くの来場者で賑わい、当社「EZ水耕」水耕栽培技術を多くの方にご紹介させていただきました。

ご来場いただいた一般入場の皆さま、関係者企業の皆さま、そして研究から開催までご協力をしてくださったドコモ関係者の皆さまへ、心より御礼申し上げます。

 

ブログ アーカイブ(2019年06月)

  • まだ記事は投稿されていません

全ての記事を見る

ブログ アーカイブ(月別)