EZ水耕とは?

耕作地:水(耕)

  • イメージ:1-1

    耕作地が、水(耕)ですので、「連作障害」がなく、連作(4作から6作程度)が可能となり、同一面積当たりの収穫量がとても多い。

  • イメージ:1-2

    耕作地が、水(耕)なので、土の場合に必要となるトラクターなどの農機具が不要となり、イニシャルコストがかかりません。

  • イメージ:1-3

    耕作地が、水(耕)なので、土の場合に必要となる「土の管理に必要な知識や経験」が不要となり、誰でもすぐに始められます。

耕作環境:露地(屋外)

  • イメージ:1-4

    耕作環境が、露地なので、ビニールハウス(屋内)を立てるイニシャルコストがカットできます。

  • イメージ:1-5

    耕作環境が、露地なので、風や太陽光の効果により、日持ちがして、葉が厚くて歯ごたえのある食感を持つ葉物が作れます。

肥料:固形

  • イメージ:1-6

    肥料が固形なので、非常に手間のかかる液体肥料の管理ステムが不要であり、ランニングコストがカットできます。

  • イメージ:1-7

    基本的に、苗を水田に植え替えるときに、固形燃料を与えるだけで、収穫までの追加の肥料が不要であり、肥料の追加に関わる労力もかからないので、ランニングコストが大幅にカットできます。

「EZ水耕」の特徴

1、ローコストハイパフォーマンスの「儲かる農業」が実現できる「EZ水耕」とは?

試算表(単位:1反=10a)
導入費用: 400 万 (税別・送料別) 3年契約1回目
3年契約
1年目 2年目 3年目 合計
イニシャル

「①機器の購入&利用 ②ノウハウの利用など」
のシステム購入&利用

①専用パネル3年分購入費(専用パネル1000枚)

②農業・葉物・EZ水耕ノウハウ利用料

減価償却(※3年償却の場合) 134 133 133 400
ランニング

原材料の購入&利用
苗・肥料・農薬の購入費

専用ポッドの利用費

2万5千個(1反1回分)×4回=10万個。単価は、25円で試算しています。
※1 歩留まり75%で、売単価80円で試算

売価(小売店等への卸売価格) 600 600 600 1800
原価 250 250 250 750
粗利益 350 350 350 1050
イニシャル・ランニング合計 売価(小売店への卸売価格) 600 600 600 1800
原価(セプトアグリの売価) 384 383 383 1150
粗利益 216 217 217 650
その他販管費(人件費含まず) 100 100 100 300
営業利益(額) 116 117 117 350
営業利益(率) 19% 20% 20% 19%
導入費用: 400 万 (税別・送料別)
3年契約1回目
1年目 2年目 3年目 合計
イニシャル

「①機器の購入&利用 ②ノウハウの利用など」
のシステム購入&利用

①専用パネル3年分購入費(専用パネル1000枚)

②農業・葉物・EZ水耕ノウハウ利用料

減価償却(※3年償却の場合) 134 133 133 400
ランニング

原材料の購入&利用
苗・肥料・農薬の購入費

専用ポッドの利用費

2万5千個(1反1回分)×4回=10万個。単価は、25円で試算しています。
※1 歩留まり75%で、売単価80円で試算

売価(小売店等への卸売価格) 600 600 600 1800
原価 250 250 250 750
粗利益 350 350 350 1050
イニシャル・ランニング合計
売価(小売店への卸売価格) 600 600 600 1800
原価(セプトアグリの売価) 384 383 383 1150
粗利益 216 217 217 650
その他販管費(人件費含まず) 100 100 100 300
営業利益(額) 116 117 117 350
営業利益(率) 19% 20% 20% 19%

①導入コスト(イニシャルコスト)は、400万/1反(機器の購入費・利用費とノウハウ提供費など)
②運営コスト(ランニングコスト)は、250万(苗などの材料費)と人件費
③弊社が独自開発した「専用苗」からの定植なので、歩留まりは、高いが、リスクヘッジとして75%で試算。これより高い歩留まりに出来れば、総て、生産者の利益増。
④年4作としていますが、環境、時期などによっては、年5作、年6作も可能。もちろん、材料原価はかかりますが、増えた利益は、総て、生産者の利益増。
⑤品種は、リーフレタスですが、「葉物野菜」であれば、様々な品種が栽培可能です。市場の動向などに対応し、卸売価格が高いものを栽培し、増えた利益は、総て、生産者の利益増。
⑥小売店などへの卸売価格は、相場の変動が大きいが、1年を通して、ほぼ最低価格の1株80円で試算。これより高く売れたら、総て、生産者の利益増。
⑦2回目の購入は、導入コストが、400万→350万(△50万)/1反なので、さらに利益率が上がり、利益額が増えて、生産者の利益増。
※上記の試算は、「支出は、高め」、「収入は、低め」で、試算しております。従いまして、利益額は、「上振れする」可能性が高いですが、利益額をお約束するものではありません。

2、老若男女「①誰でも②簡単③すぐに」導入&運営ができる「EZ水耕」とは?

  • ①農業の知識・経験が、全く不要

  • ②作業量・労力。労務費が最低限   (「定植・収穫・包装・出荷」などだけ)

  • ③力仕事はほとんど無し

導入目的別のご提案 お客様の状況に合わせて、最適な導入方法をご提案します。

生産者の方への新規参入をお考えの方も含めてご提案 1、「障害者雇用」や「障害者施設への導入」をお考えの方2、「廃校施設など活用」をお考えの方3、「土地活用」をお考えの方4、「地域活性化」をお考えの方 『「観て癒され、食べておいしい」観葉野菜(商標登録出願中)』事業をお考えの方へのご提案

「EZ水耕」のご紹介ビデオ

EZ水耕とは

EZ水耕の特徴

EZ水耕の導入